忍者ブログ
Posted by - 2019.09.17,Tue
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by カ - 2010.05.07,Fri
ジャッキー初アクションシーン

アメリカ(?)にいたはずのジェイソンが目覚めるとそこは見たこともない光景・土地・人。
小屋から出た所でジェイソンはジェイド将軍傘下の兵士に如意棒を持っていることを気付かれ、目をつけられてしまう。

兵士達に囲まれるジェイソン。
そこへ馬上で寝そべる酔っ払い(自称)詩人、ルー・ヤン(ジャッキー)が通りかかる。

「詩人にいくらかお恵みを~」

と兵士に絡むジャッキー。うるせえとばかりにジャッキーに蹴りを繰り出す兵士。
しかしジャッキーはその足を両手で掴み馬上から兵士を引き摺り下ろす。
それを見て他の兵士もジャッキーに襲いかかる。
ここからジャッキー酔拳が久々に見れます。

剣で襲いくる兵士の攻撃を避けながら一本背負い(!)をしてくれたジャッキーがとても印象的でした。
思えばジャッキーの投げ技なんてほとんど…まるで見た事無かったのでとっっっっっても新鮮でした。

あと倒れた兵士への追撃(その場で一回転しての倒れこみながらの裏拳?)が「オォ酔拳ぅ!」と興奮してしまいました。

あらかた殲滅した後、ジャッキーも如意棒に気がつきジェイソンと共にその場から逃走します。


この次は茶屋のシーン(ジャッキーが語る如意棒の秘密?)です。
PR
Posted by カ - 2009.12.15,Tue
ルー・ヤンの店~古代中国へ

時は現代、場所はアメリカのルー・ヤン雑貨店というお店にやってきたジェイソン。
ここで見事なほどカンフーオタクっぷりを発揮します。

「燃えよドラゴン○○版△△字幕verのDVDじゃん!!」

みたいな…。はっきり言います、ジェイソンは僕よりオタクです。
自分は同じ映画は1つありゃいい、バージョン違いがでても基本的には古い方は売る、
て考えの持ち主なんで。

でDVDをあさっていると店の主人オールド・ホップ(特殊メイクしたジャッキー)に声を掛けられる。
そしてそのホップの台詞、

「お前も好きだなぁ・・・。」

なんかグサッときました。

この後店の奥の倉庫で如意棒を発見したジェイソンはしばらく見惚れてしまいます。これはリンチェイ悟空の物なのですが結局はホップに咎められて、倉庫から出ていくジェイソンですが、ここでもオタクっぷりを発揮。
最後にホップにとっておき(本人談)のDVDを売りこまれる。

で海賊版DVDを数枚購入したジェイソンは帰り道(?)に同級生(にしては老けてる!?)にからまれます。
そしてその同級生の中の女の1人に

「その子カンフーマニアなのよ」

と言われ、

「じゃあ見せてみろ」

って感じで同級生のリーダーに殴られ始めるジェイソン…無惨です。

「お前のよく行く店の主人を呼んで店の鍵を開けさせろ」

強盗ですね。
場面はいつのまにか夜になり、「もう寝てる」と言い張るジェイソンをよそに「いいから呼べ」とリーダーに詰め寄られ泣く泣くチャイムを押す。
返事をしてしまうホップ。強盗がいるとは思っておらず、ジェイソンの顔をみるなり中へ入れてしまいます。

「茶でもだそう」

と、奥へいくホップ。心底ジェイソンを常客だと思ってるようですね。

強盗を始める同級生、

「金はどこだ!?」

とジェイソンに詰め寄りますが、詰め寄る相手違くね?
強盗に気付いたホップは如意棒を持ち同級生に一撃をくらわせますが老いぼれの為あまり効果なし。
それ所か銃で撃たれてしまいます。
ジェイソンに如意棒を託し、

「逃げろ!元の持ち主に返せ!」

となってジェイソンは裏口から逃走。建物の屋上へと逃げますが、追い詰められてしまいます。
その時、如意棒が不思議な力を発揮し、ジェイソンを屋上から落っことします。
落ちてる最中にタイムスリップ開始、舞台は古代中国へと写ります。
Posted by カ - 2009.11.29,Sun
オープニング~メインタイトル

最初のジャッキーとリンチェイの名前の紹介の所、気ぃつかってますねぇ。

ファーストカットはリンチェイ悟空。場所はおそらく古代中国の山(それも高度かなり高い)。如意棒によるちょびっと演舞から敵兵士との闘いへ。
ここのシーン不自然なワイヤーが多すぎます。次にリンチェイが左右の敵を叩きながら前に進みますが、ここがあまりにも不自然です。足元を映してないせいか、より不自然です。
一応独自の解釈として筋斗雲に乗ってるんだ、と良い方に解釈しておきましたが筋斗雲の描写は1っつもない為無理がありました…。

でリンチェイが画面の方に向かって飛んできたところで主人公ジェイソンが自分の部屋で目覚める。
ま、夢を見てたってことでしょうね。
ジェイソンはテレビ(おそらくDVD)をつけっぱなしで寝ていた。画面には孫(堺正章)悟空の西遊記の映像が…
これが夢の正体?

でジェイソンが起床してフレームアウトした所で血湧き肉踊るメインタイトルへと突入します。

メインタイトルは往年の各香港(中国)スターがジェイソンの部屋にあるポスターという設定で次から次に映し出されます。
そこにはリュー・チャーフィーとかジミー・ウォングとかラム・チェンインとかとかとか勿論ブルース・リーもいます。
何故かブルース・リーは2回登場します。

ここん所のBGMとポスターの見せ方が熱い!!いきなりこの映画最高!と初見の時は思ってしまった。
功夫好きには、というか香港映画好きにはたまらないです、ぜひYoutubeとかで見て欲しい!!
Posted by カ - 2009.11.26,Thu
新宿インシデントで気になった所を1つ思い出したので告げ口(?)させてもらいます。

特典映像のインタビューにおいて、竹中直人、加藤雅也がそれぞれ個別にインタビューを受けているのだが、この2人の話が舞台挨拶の時に話してることと全く同じことを喋っていたのが少し寂しかったです。はい。

ただジャッキーの通訳さんのファンがいたことには驚きました。
Posted by カ - 2009.11.16,Mon
今回はまたしてもへんな邦題「ドラゴンキングダム」です。こんな邦題でかっこいいとでも思ってんのかね、製作会社センス悪。

中国が誇る2大ハリウッドスター夢の初共演!!見たいな感じで話題になった本作。
ジャッキーとリンチェイが初共演した映画です。
ただしこの2人を同じ位目立たせなくてはいけない為監督は大変な思いをしただろうと推測できる。

まず簡単にこの映画の良い所

1.ジャッキーとリンチェイが同じ画面に映ってる(自分は最初これだけで大満足してた)

2.ジャッキーもリンチェイも昔得意(?)としていた拳法スタイルを見せてくれてる(ジャッキーは酔拳、リンチェイは蟷螂拳)

3.ジャッキーとリンチェイが闘ってくれる(但し決着は着かない)

4.ラスボスがコリン・チョウ(リンチェイとは闘うがジャッキーとは戦わない)

5.オープニングのメインタイトル(ぜひ見てください)


そしてダメな所

1.ジェイソン(主人公)の声がなんかナヨナヨしてる

2.ストーリー上ジェイソンはジャッキーとリンチェイに稽古をつけてもらうのだが、いきなり強くなり過ぎ。(修行シーンが少ない)

3.ジャッキーの最後の相手が女(しかもボッコボコにしちゃってる)

4.ストーリーにひねりがない。

5.ジャッキーとリンチェイの対決シーン、ワイヤー使い過ぎ。

6.ジャッキーもリンチェイもスタントダブルまるわかり。


僕はこの映画が大好きです、もうダメな所は書きたくありません、しかし大好きだからこそ口出ししたくなるんです。
次回からはストーリーを追いながら詳しく解説しま…していくと思います。


カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
フリーエリア
最新コメント
[12/12 bon]
[12/12 NONAME]
[11/29 bon]
[11/26 oka]
[11/15 bon]
プロフィール
HN:
性別:
男性
最新トラックバック
バーコード
ブログ内検索
カウンター
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]